物を入れるだけじゃない!OPP袋や紙袋などの活用法

Print centar

商品をアピールするためにOPP袋を利用しよう

物を入れるだけじゃない!OPP袋や紙袋などの活用法

インク

袋の役割

紙袋やOPP袋など世の中には様々な包装物が存在しています。商品を梱包するのはもちろんですが、目的に応じて使い分けることができれば、商品をアピールすることができますよ。

男性

商品を守る役割

袋には中身を守ってくれる役割があります。紙のDMをそのまま配ってしまうと雨が降った場合、濡れてしまいます。しかし、透明の封筒を使用すれば、雨天の際にも中身を綺麗なまま保つことができます。

色見本

好きなデザインを印刷できる

業者によっては紙袋やOPP袋、クリアファイルに至るまで様々なものに好きなデザインを印刷してくれます。多くの方に手に取ってもらいたいと考えているなら、デザインにもこだわってみましょう。

印刷機

販売促進に繋げる

デザイン性の高い袋は、多くの方の目にとまりやすいです。また、購入した方が持ち歩くことによって、更なる販売促進効果が期待できるのです。

様々な用途に使えるものランキング

印刷機
no.1

内容が一目でわかる透明封筒DM袋

中身のチラシがいくら良いものであっても、読んでもらえなければ意味はありません。しかし、透明な封筒に入れれば、中身が見えますし、割引券などがあればさらに読んでもらえる確率が高くなります。防水性も高いので、第一位に選ばれています。

no.2

中身が見えるマチ付きのOPP袋

商品の量が多い、置いて並べたい場合にマチ付きが選ばれています。もちろん、厚みのある商品も梱包することができます。綺麗な状態で中身を見せることができるので、とても使い勝手が良いですよ。

no.3

会社のロゴが入った紙袋

商品を購入した際に会社のロゴが入った紙袋を使えば、宣伝になります。大きさは用途によって選ぶことができますよ。クオリティの高いものであれば、普段でも使ってくれるかもしれません。

no.4

会社名入りの宅配袋

中身が見えない方が良い宅配物の場合は、会社名入りの袋を活用してみましょう。どこから届いたのかわかりやすいので、すぐ開封してくれますよ。デザイン性の高さで会社をアピールすることもできます。

no.5

デザイン性の高いクリアファイル

最近クリアファイルのデザイン性も向上しています。クオリティが高いデザインであれば、普段使いもできますし、さりげなく会社をアピールすることができますよ。